視覚から得る印象を元としたコミュニケーションを
ペインティング、グラフィックツールの技術を互いに使い、
その場に即したアイデアを展開、制作している。
作品は、文字や記号を連想させる選ばれた色の線で、
機械の数学的な正確さと、人間の感覚的な描写のズレを
統合しながら、抽象的なイメージを記している。


個展
2013年 “POW” Mad Salon(群馬、伊勢崎)
2017年 “New Value” Alternativespace anc(群馬、高崎)
2019年 “Virtuality abstraction” Maebashi Works(群馬、前橋)
グループ展
2007年  "DROP IN” Asanoha(東京、原宿)
2017年  "echo of the echoes” 渋谷西武美術画廊(東京、渋谷)
2017年  “喫茶展” howwhat(群馬、高崎)
2017年  “ART PLOJECT TAKASAKI” (群馬、高崎) 
2018年  “二人展” Holon gallery (宮城、仙台)
2018年  “ART PLOJECT TAKASAKI” (群馬、高崎)
2019年  “ART PLOJECT TAKASAKI” (群馬、高崎)
2019年  “TAKASAKI memory 3” howwhat(群馬、高崎)
受賞
2006年 バイリンガルオンラインマガジン”Shift"
     カレンダーコンペティション入選
2009年 イラストレーション誌”The Choice”第168回準入選
著書
2016年 「マティズムズム」powered by BCCKS